シニアプロを目指して!「石ちゃんのゴルフ日記」
48歳からゴルフを始めたメタボオヤジが、シニアプロにデビューするまでを(笑)記録する、ゴルフ上達日記です。独自のゴルフ理論とコース成績をブログに載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガーダウン

タイガーウッズの飛距離はキャリーで300ヤードを超える
色々な要因があるが、一番はトップでの溜めを少し体を
沈めることで最大限にしている。200%溜めたパワーを
一気にインパクトへ持っていく。何回か真似をしたが、普通の
溜めもできないのにできるわけが無い。クラブを振りながら
屈伸しているだけでボールは数メートル先を・・・・
スポンサーサイト

アドレスの左肘をキープする

バックスイングではアドレス時の左肘の形を
キープする。8時の場所まではグリップの形も
キープする。そのことにより振り下ろしたときに
自然にインサイドアウトの軌道になる。インパクト
後4時の位置まで胸の捻転を我慢できれば
スイングの90%は完成する。 それがなかなか
できない(涙)

9番と6番アイアン

今のアイアンは5番からPWまでの6本セットが
主流になっている。効率よく全ての番手を練習
する為には、9番と6番を重点的に練習すると
よい。隣り合う番手にはあまり違いが無い。
9番を練習するとPWと8番の練習にもなる。
同様に6番を練習すると7番と5番の練習となる。
スイングができてなければ意味はないが・・・

足の親指に体を乗せる

足の親指に体を乗せる感覚を養う。
アドレスでは両足、トップでは右足
フィニッシュでは左足の親指に体重
をかける。そのことにより膝の屈伸
腰の回転がスムーズになる。右から
左への体重移動が無意識にできる
これで曲がらない・・・

クラブフェースに乗せる

アイアンのインパクトを打つ感じから乗せる感じに
変えてみた。多分、人が見ても変化はわからない
と思う。乗せて飛ばす、インパクトより少し先で力が
入っている感じで、インパクトの位置が単なる通過点
になる。不思議と飛距離はかわらない。それと不思議
とミスショットも変わらない(涙)

番手の飛距離

ロングアイアンは難しいという。だったらショートアイアン
は完璧なのか?答えはNoである。スイングとしては
問題が多いが飛ばさなくていいので力が入ってない分
真直ぐに飛ぶ確立が多いだけである。スイングの問題は
徐々に矯正するとして、ロングアイアンでも力を抜くだけで
直ぐに飛ぶ確立が高くなるはずである。元々アイアンは
どの番手も同じ力、同じスイングで打ち、飛距離は番手の
選択で決めるクラブである。ロングアイアンを持つとどうし
ても飛ばさなくてはいけないという脅迫観念に陥ってしまう。
(ドライバーも同じ)この意識だけで10はスコアーがよくなる。

高すぎる弾道

通常の弾道はどの高さか?ゴルフの中継を見ても
よく分からない。アイアンは上げればいいと思って
いたが、上がりすぎているように思う。インパクト
の瞬間にハンドファーストになっていないのが原因
だ。20ヤードぐらいは飛距離をロスしている。飛距離
を出す為に力をいれてミスが出る。これは重要なポイ
ントかもしれない・・・

スリクソンを買ってしまいました。

近所のアピタで目をつけていたスリクソンの新品を
ついに購入してしまった。1ケ月ほど迷っていたが
多分底値だと判断した。やはりアイアンを変える
のは勇気がいる。さっそく練習場で違いを確認
する。最初の5球、全く当たらない!不安がよぎる・・
アイアンを購入したが結局合わないので元のアイ
アンでプレーしている人を何人も見ている。(恐)
10級目以降は普通に当たりだした。ショートの方向
性がやたらいい!さすがスリクソン・・・(嬉)
ミドルに一抹の不安を残して帰路に着く・・・(寒)

膝を曲げて腰を落とす。

アドレスの基本は、膝を曲げて腰を落とすである。
腰を落とすことで前屈みになり、軌道が安定する。
すこし不恰好に見えるが、元々不恰好なので問題
は無い。驚くほど安定する、安定ついでにアイアン
の買い替えを計画している。スリクソンのWR新品
が¥35、000。シャフトがNS950お買い得だと思う
が迷い中・・・

スコアーよりスイング

練習場ではそこそこ安定しているが、コースに出ると
全く当たらなくなる人がいる。練習場とコースの一番
の違いはスコアーの意識が有無である。スコアーの
為、飛ばす、乗せる、寄せるを意識しすぎる。練習場
でのスイングポイントは全て忘れてしまう。
スコアーが悪いと余計に意識してしまう。
常に90台まではスコアーを意識してはいけないので
ある。結果は二の次でスイングだけを意識することが
重要ある。 かも

フィニッシュの形

鏡の前で素振りをする。その時、鏡はターゲットの位置にして
確認するのはフィニッシュの形ある。

①シャフトが左肩に乗っているか。
②左腕が鉄人28号のガオーになっているか。
③顔、胸の正面が鏡に写っているか。

これを毎日100回ほど続けると数ヶ月でスイングのフォローの
形が完成する。  かも・・・

自分が竹とんぼになったつもりで。

回転の軸がぶれるとミスショットが多くなる。
トップ、ダフリ、フック、スライスどれになるかは
打ってみないとわからない。トップしてスライス
というあわせ技もある。その原因の9割は
回転軸のぶれにある。ということは回転軸が
真直ぐであればミスショットが激減する。
ぶれずにショットするには自分が竹とんぼだと
思い込む。竹とんぼの軸が曲がっていると当然
飛ばない。背骨が竹とんぼの軸だと思って打てば
ミスショットが1割になる。   かも

休ゴル月の勧め

健康の為には休肝日が必要である。土日だけでも
酒を控えることで肝臓の働きも良くなり、月曜日に
飲む酒がおいしくなる。ゴルフも毎月コースに出て
毎週練習場に行ってると財布が厳しくなり、奥さん
の機嫌も悪くなる。そういう時は休ゴル月にするこ
とをお勧めする。現在、休ゴル月である・・・(涙)

ボールの回転

ゴルフボールは野球のボールよりも小さい。小さい分、同じ力
を与えると回転数が多くなり大きな曲がりになる。
理想的には縦の回転だけがいいのだが、かならず横回転も
入る。いかに横の回転を減らすかが上達の分かれ道である。
横の回転をコントロールするのはハンディーが10台からで
それまでは横回転を減らすことに専念しなければならない。
石ちゃんはいつまで専念するのか・・・

右腰の回し方

体の回転でショットする場合に重要なのが右腰である。
早すぎるとオープンになってスライス、遅いと引っ掛けて
フックになる。トップから降りてきたクラブが地面と平行
になったと意識したと同時に回す。最初はぎこちないが
徐々に身についてくる。石ちゃんはまだ徐々が終わらない(涙)

スライスはシュート

スライスが出ないように、ああしろ、こうしろと色々な
注意事項がある。でもスライスが出るということは野
球で言うシュートを投げている(右投手)と同じである。
クラブヘッドが中指と人差し指の役目をしてシュート回
転させているのである。要するにインパクト時のヘッド
軌道だけを注意すればスライスにはならない。
一番簡単な方法はボールが5センチ左に置いたつもりで
振りぬく気持ちを持つことである。

プロフィール

石ちゃん

Author:石ちゃん

FC2カウンター

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ

↑クリック クリック m(._.)m             ↑ランキングに参加しています。      ↑カウントアップに協力をお願いします。

-- 過去のスイング理論 --

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。