シニアプロを目指して!「石ちゃんのゴルフ日記」
48歳からゴルフを始めたメタボオヤジが、シニアプロにデビューするまでを(笑)記録する、ゴルフ上達日記です。独自のゴルフ理論とコース成績をブログに載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄な練習、駄目な練習

ある程度スイングが完成したら、練習のやりすぎは
意味が無いだけでなく、良くない結果を招く。
練習場では力を抜いて振りぬく練習を週末に50球程度
すればOKである。
あとは素振りだけをできれば毎日100振りすれば
10年でシングル(涙)

上げようとする意識が右肩を下げる。

人間の体、特に脳からの指令は、精巧かつ的確に
伝達される。トップの位置からインパクトの間に
ふと考えたことを腕、肩、腰に瞬時に伝達する。
一瞬でも上げようとか飛ばそうなどと考えると
それが無意識(意識する時間が無い)に筋肉を
動かす。プロのスイングを見ると、アドレスからセッ
トアップまでは少し時間をかけるが、セットアップ後
は一秒以内でクラブを上げている。余計なことを考える
ことを無くす為だと思う。

左に壁を作る

俗に言う「左に壁を作る」の意味がいまいち分からない。
多分、インパクト後の左腰のことだと思う。
左に流れると後ろに体重がかかり腰が引けるて飛ばない。
右だとつんのめった形になりトップ、ダフリが多くなる。
スタンスの位置から回転してフィニッシュを迎えなければ
スイングが安定しない。

素振りの気持ちで打つ

素振りの時と、ボールを打つ時の違いは失敗を
気にしないことにある。素振りに失敗は無しである。
初心者は半分以上は失敗するくせに、失敗を恐れて
失敗を大きくする。つまり失敗を恐れるレベルに達し
ていないのである。ボールを打つ時も、素振りだと思っ
てスイングすれば若干はミスが少なくなる。

パターの練習

パティングを侮るとスコアーは良くならない。
初心者はパーオンはまぐれなので良くてスリーオン
大体がフォーオン以上となる。フォーオンでもツーパット
でダボである。長い距離が残った場合はツーパットは
難しい。ただし、パターでも1打は1打なのでドライバー
の練習と同じ気持ちでパティングも練習しなければなら
ない。

プロフィール

石ちゃん

Author:石ちゃん

FC2カウンター

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ

↑クリック クリック m(._.)m             ↑ランキングに参加しています。      ↑カウントアップに協力をお願いします。

-- 過去のスイング理論 --

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。